リンパマッサージについて

リンパマッサージはエステでも、また自宅でも人気がありますが、リンパの流れを良くすることでむくみ解消にも効果があります。リンパ液が流れているリンパ管は血管とは別にあり、血管のように全身に張り巡らされているのです。血管は血液によって栄養素を体のさまざまな細胞に配る働きがあり、リンパ管は老廃物をリンパ液と一緒に細胞から回収して排出する働きがあります。リンパ管が詰まってしまうと流れが低下し、それによって細胞間質の浸透圧が上昇して、むくみとなってしまうのです。もちろん排出されるべき老廃物も溜まってしまい、いろいろな健康リスクが高まってしまいます。

リンパマッサージによってリンパの流れを良くすることで、むくみを解消し老廃物も排出することができるのです。リンパの流れが低下すると、細胞内の老廃物の回収もできません。そのため細胞の再生、修復、活性化なども低下し代謝も低下します。つまり肥満にもつながってしまうのです。

リンパマッサージをする上で、リンパ液が集まるところをリンパ節と言います。リンパ節には弁があり、心臓に向かって流れやすくなっています。逆に心臓から外側に流れにくくなっているのです。そのためリンパマッサージは心臓に向かって行うことが基本となります。特にリンパのほとんどは皮膚からとても浅い部分にあるため、強いマッサージは必要ありません。軽く、優しく、なでるようなマッサージで効果は十分得られます。逆に強すぎると逆効果となってしまうことにもなるのです。