マッサージの方法

リンパマッサージの方法についてご紹介です。基本は体の末端から中心の心臓に向かって優しくマッサージをしながら老廃物を流すイメージで行います。そしてリンパ節の位置を覚えておき、末端から節に、節から節にというイメージで心臓に流していきましょう。

リンパ節は全身で約600カ所あると言われています。そんなリンパ節が多く分布している場所は、両足膝裏の膝窩リンパ節。両足の鼠経部に鼠経リンパ節。おへそのすぐ下にもあります。手には両肘の内側に肘リンパ節があり、脇の下にも腋窩リンパ節。腋窩リンパ節は前側の脇の下と、後側の脇の下に存在。そして両側の首の付け根にある鎖骨リンパ節があります。

足のつま先からくるぶしへ、くるぶしから膝裏へ、膝裏から鼠経部へと優しくリンパマッサージをしていきます。そして鼠経部からおへそに向かって流し、そこから心臓に向かって流します。手は指先から手首へ、手首から肘へ、肘から脇の下の腋窩リンパ節へ。そこから心臓へとリンパマッサージを行いましょう。

リンパマッサージというと特別なマッサージというイメージがありますが、特に一定方向にマッサージすれば弁が開き流れやすくなっているので、方向さえ間違わずに行えば意外と簡単に効果が得られます。